さらにスピードアップする高速通信

最近よく耳にするようになった「LTE」。
ソフトバンクのELTが出るCMでその知名度も格段に上がったのではないだろうか。

このLTEは『Long Term Evolution(ロング・ターム・エボリューション)の略。
携帯電話の通信規格で、第3世代(3G)データ通信をさたにスピードアップしたものである。

現在、メインとして使われているのが第3世代(3G)なのだが、次なる高速通信規格となる第4世代(4G)が待ち構えている。
この第3世代(3G)と第4世代(4G)の中間に位置するのがLTEであり、第4世代(4G)へ移行にあわせた技術で、3.9Gとも言われる。
ほぼ4Gと思っても大丈夫のようである。

では、この3Gと4Gだが何が違うかというとスピード能力、全然違うようである。

で、3Gや4Gといった名称が通信規格を表すものである一方で、各キャリアで呼び方が違っている。
まずは3G。
ドコモ→FOMA(フォーマ)
KDDI→CDMA 1X WIN
ソフトバンク→SoftBank 3G

4G(LTE)
ドコモ→Xi(クロッシィ)
KDDI→4G LTE
ソフトバンク→4G LTE(iPhone5用) 4G(アンドロイドスマホ用)

呼び方が違っても、通信規格が同じなら性能は一緒である。